みるちむのブログ| みんなの占い師ナビ《全国版》

あなたに合ったスタイルで迅速にお悩みを解決できますように。

みるちむ
プロフィールを見る

みるちむ 先生のブログ

性別
占い師歴
0年
占術
タロットリーディング
得意相談

†…きれい事を突き通す事…†

2018-11-16 07:36:21

※話せる範囲内でのお話※


前回LINEBLOGにて【クライアント比率女性10割】の記事を載せましたが。続きがあります。


部屋が散らかっているとか。

不要な物を捨てるとか。

そんなに現場は簡単には物事など進みません。


【ケース1】

使用済み生理用品を3年間バスタブの中に捨てていた方。

ゴミ出しの時、きっと近所の人に何か言われそれを機に捨てられなくなったのでしょう。

あえて理由は聞きませんでしたが、部屋から出ている気と大量の虫の死骸で全てを悟りました。


【ケース2】

人か大きな動物でしょうか。布団の中から肉片のある生き物の骨が出てきました。


【ケース3】

精神的な病気の重度なクライアント様。

常に自分の背後にいて刺される覚悟で仕事に挑みました。

時折、人格も変わっていて思うように作業は進まなかったと思います。


【ケース4】

女性だらけの家(ルームシェア)。

実はこのパターンが一番難しいもの。

譲り合う気持ちや、どうして欲しいのかそれぞれが価値観が違っていて接点は交わらない。

依頼者の内容は、結局のところその依頼者独自のもの。という事があります。



近年、整理収納アドバイザーになる人増えて来ましたが。

大体現実を見て辞めていくか、認定講師の道を選び資格取得したい方に教えるかに分かれるようです。


ラクな仕事などないという事。


例えて言うならばディズニーランド。

お客様に夢を売る仕事というのは、そこで働くプロは自身が夢を見る事が出来ないくらい必死にやっているから、人は夢を見れるのだと思います。

かなりキツい思いをしている事でしょう。それがプロの仕事ですから。


それでも常に向上心を持ち努力を惜しまないプロは、【プロ中のプロ】と呼ばれるのですね。


話は戻りますが

自分は最初にアドバイザーの仕事を思い浮かべた時から、このような現実が待っている事は想定していましたので、これまでに起きている出来事は全てにおいて想定内の世界でした。


何事にも覚悟が必須な時代の流れに、焦点を合わせる事が大事なのかもしれませんね。

筆者:みるちむ

みるちむ先生の最新ブログ

†…始まりは玄関から…†
2018-12-04
†…きれい事を突き通す事…†
2018-11-16