マーク・ケイのブログ| みんなの占い師ナビ《全国版》

あなたに合ったスタイルで迅速にお悩みを解決できますように。

マーク・ケイ
プロフィールを見る

マーク・ケイ 先生のブログ

性別
占い師歴
11年
占術
篁霊祥命 / リーディング
得意相談
恋愛全般 / 結婚 / 家族問題 / 育児 / 子宝 / 人間関係 / 仕事 / 引っ越し / 健康 / ペット / その他

明晰夢で人生を変える②「明晰夢の効果②」

2017-07-23 17:04:21

*公式サイトにて多くのアクセスを頂いている記事、ご好評を頂いている記事を抜粋してこちらに掲載しております。詳細は公式サイトをご参照下さい。


明晰夢の効果として
「人格的成長」
「自己啓発の推進」
「自信を深めること」
「心身の健康の増進」
「創造的に問題を解決する能力の推進」
「自己統制への道を進む」
「願望実現」
などを挙げました。

「明晰夢」を見る人のほとんどは感情的に満たされるという特徴があるそうです。覚醒している状態の世界、つまり私達が日頃生きている社会では、見えないバリアーや、なかなか変えることの出来ない厳しい現実の数々があります。それらに翻弄され、傷付けられ、苦しめられながら生きている側面もあるでしょう。内から沸き上がって来る衝動があっても、それを抑えなければなりません。

しかし「明晰夢」を見ている時はどうでしょう。このような覚醒時の縛りは一切消え去ります。私達は完全な自由を手に入れ、その世界で衝動を実行に移すことが出来るのです。空を飛ぶことだって、会いたかった人に会いに行くことだって可能なのです。

「明晰夢」を見ている間は、脳の「報酬中枢(快楽中枢)」が刺激されるとも言われます。これが何を意味するのかといえば、人の免疫機能を高めることが可能だということです。
(最近こういう記事も目にしました『報酬中枢の活性化がマウスの免疫機能を高める』)

夢の中で自由を手にし、願望を実現させることが、覚醒時の行動にも影響を与え、自信に繋がる。それによって夢の中ではなく、現実の世界で願望が実現し易い環境を整える、そして心身の健康にも繋がって行くのです。

また「明晰夢」の体験者で顕著なのは、「明晰夢」を見ることで得られた喜びや、感動や、至福や、恍惚感などの肯定的な感情が、覚醒時の意識に持ち越され、それが1週間以上、人によってはもっと長く維持されるという事実です。

悪夢を見た時、貴方はその日一日をどのように過ごすでしょうか。どんな気分がするでしょうか。全く気にしない人もいるかもしれませんが、悪夢の置き土産は大抵、否定的感情です。勿論、目覚めも悪く感じ、何となく疲労感が残っているものです。日常生活の中でも、ふと昨晩の悪夢のことが思い出され、それが何かの悪いメッセージではないかと気になり、夢診断の本やネットを開いて調べてしまうかもしれません。そして時にはその悪夢のせいで、自分を責めたり、周囲の景色が曇って見えることもあるでしょう。

これが「明晰夢」だとしたらどうでしょう。覚醒後も、その感動を引き続き味わえるとしたら。悪夢の置き土産が否定的感情であるとしたら「明晰夢」の置き土産は肯定的感情です。このことで気分は高揚し、自分を否定する材料は見当たりません。自信と活力が漲り、表情もイキイキとするはずです。

日頃、自分を責めてしまい易い人、自分の人生を悲観的に捉えがちな人は、いつも自分が傷付くことのリハーサルをしてしまい、あらゆる行動を躊躇しがちです。そして人を傷付けてしまうのではないかという恐れや不安もあることでしょう。

しかし「明晰夢」では、人も自分も決して傷付くことがありません。制約も一切なく自由なのです。そこで得た喜びや感動は、覚醒後の意識に持ち越され、長く維持出来ます。しかし、その感動の記憶が、人を癒したり、元気づけるのではなく、「明晰夢」の中で取った行動が、自分も人も傷付けないものだったと知ることで、覚醒後の生き方に変化を生じさせることに繋がって行くのです。いわば「明晰夢」は「新しい生き方のための実験室」だと言えるのです。


人は日常をほとんど「無意識的」に過ごしている生き物です。マインドフルネスも呼吸することを意識し、今ここに在ることを意識し、自分の心の中に意識を向けることで、日々のストレスを解消し、創造性を高め、心身の健康を促すという効果があります。

「明晰夢」も「無意識」から「意識」へと心の在り方を転換させるものです。

最後に、ある記事の「明晰夢」に関する言葉をスティーヴン・ラバージ教授の著作から引用します。

『想像を絶するほどのパワーへの鍵が地球上のすべての人の手の届くところにある。人類の次なる飛躍は物理学的な科学技術工場からではなく、創造的な夢見る人の夜間飛行から始まると私は確信する。可能性について考えよう。想像出来る限り望ましい女性との、かつてないほどエロティックな遭遇。知恵ある原住民が歌で日々の問題を解消してくれるパラダイス島への訪問。ある晩には、アリストテレスと哲学的な思索をしたり、W・C・フィールズと冗談を交わしたり、J・P・モーガンと投資の話しをしたり、そしてナディア・コマネチと段違い平行棒の練習をしたり、・・・等などが出来るのだ。例え、かすかな可能性でしかないとしても、夢をコントロールするというアイデアは追求してみる価値が充分にある。官能的な喜び、内なる叡智、情緒的安定、超感覚的知覚、あるいはベルモント七番街のホットチップ(信頼出来る情報)でも、探し求めるのが何であろうと、その答えが眠りの境界のすぐ向こうで貴方を待っているかもしれないのだ』Rhinegold, H., "Tapping into Your Dream Power," Oui Magazine (1981) 80-125

筆者:マーク・ケイ

マーク・ケイ先生の最新ブログ

不思議なリング
2017-08-09
お盆の不思議な出来事
2017-08-01
「知る」ということ
2017-07-28